医薬経済オンライン

医療・医薬業界をさまざまな視点・論点から示すメディア

話題の焦点

「深部体温保持の重要性」

2009年9月15日号

 北海道大雪山系への登山では、夏だというのに低体温症により8人もの命が奪われた。 通常37℃前後に保たれている体内温度が、35℃以下の低体温状態になると、判断力や意識レベルが低下、筋硬直や心室細動が起こり凍死する。 逆に、深部体温を1℃強上昇させると、心臓病や動脈硬化の改善に利用できる。通常の入浴では心臓...  北海道大雪山系への登山では、夏だというのに低体温症により8人もの命が奪われた。 通常37℃前後に保たれている体内温度が、35℃以下の低体温状態になると、判断力や意識レベルが低下、筋硬直や心室細動が起こり凍死する。 逆に、深部体温を1℃強上昇させると、心臓病や動脈硬化の改善に利用できる。通常の入浴では心臓に

有料会員限定

会員登録(有料)
この記事をお読みいただくためには、会員登録(有料)が必要です。
新規会員登録とマイページ > 購読情報から購入手続きをお願いいたします。
※IDをお持ちの方はログインからお進みください

【会員登録方法】
会員登録をクリックしていただくと、新規会員仮登録メール送信画面に移動します。
メールアドレスを入力して会員登録をお願い致します。
1ユーザーごとの登録をお願い致します。(1ユーザー1アカウントです)