医薬経済オンライン

医療・医薬業界をさまざまな視点・論点から示すメディア

「漢方バブル」の命運握る中国

業績好調のツムラに付きまとう事業リスク

2009年9月1日号

 経済学の教科書によれば、「バブル」とは皆が欲しがったために価格が実際の価値を超えて高騰してしまう現象とされている。その意味では、定期的な薬価引き下げを強いられる新薬はもちろん、流通現場の過当競争などで販価の下落が止まらないOTC薬も構造的にバブルは起きにくい。だが、世の中にはやはり例外がある。...  経済学の教科書によれば、「バブル」とは皆が欲しがったために価格が実際の価値を超えて高騰してしまう現象とされている。その意味では、定期的な薬価引き下げを強いられる新薬はもちろん、流通現場の過当競争などで販価の下落が止まらないOTC薬も構造的にバブルは起きにくい。だが、世の中にはやはり例外がある。国

有料会員限定

会員登録(有料)
この記事をお読みいただくためには、会員登録(有料)が必要です。
新規会員登録とマイページ > 購読情報から購入手続きをお願いいたします。
※IDをお持ちの方はログインからお進みください

【会員登録方法】
会員登録をクリックしていただくと、新規会員仮登録メール送信画面に移動します。
メールアドレスを入力して会員登録をお願い致します。
1ユーザーごとの登録をお願い致します。(1ユーザー1アカウントです)