医薬経済オンライン

医療・医薬業界をさまざまな視点・論点から示すメディア

薬剤経済学

バイオシミラーの経済学

第3回 FOB製剤の費用節減効果は限定的

2009年9月1日号

 生物学的製剤の発売後から研究開発投資を回収する時間の推移を正味現在価値NPVという概念でモデル化し、最低12年の市場独占が必要とするブランド製剤(BR)メーカーの論拠を提供したデューク大学のH.G.グラボウスキーは、制度が整い、〝ジェネリック〟生物学的製剤(GB)で出てきても一般の化学合成製剤のような節減を...  生物学的製剤の発売後から研究開発投資を回収する時間の推移を正味現在価値NPVという概念でモデル化し、最低12年の市場独占が必要とするブランド製剤(BR)メーカーの論拠を提供したデューク大学のH.G.グラボウスキーは、制度が整い、〝ジェネリック〟生物学的製剤(GB)で出てきても一般の化学合成製剤のような節減をも

有料会員限定

会員登録(有料)
この記事をお読みいただくためには、会員登録(有料)が必要です。
新規会員登録とマイページ > 購読情報から購入手続きをお願いいたします。
※IDをお持ちの方はログインからお進みください

【会員登録方法】
会員登録をクリックしていただくと、新規会員仮登録メール送信画面に移動します。
メールアドレスを入力して会員登録をお願い致します。
1ユーザーごとの登録をお願い致します。(1ユーザー1アカウントです)