医薬経済オンライン

医療・医薬業界をさまざまな視点・論点から示すメディア

医療を渇望する町「ハラブジャ」

イラクのクルド人居住区で化学兵器後遺症に悩む生存者たち

2009年8月15日号

 日本から遠く、5000㎞以上も離れた中東のイラクに、別名「ヒロシマ」と呼ばれる町がある。  イラク北東部のイラン国境に近い人口約6万人弱のハラブジャ。この町は、イラクが隣国イランとの戦争を始めて8年目に入っていた88年3月16日、世界で初めて核兵器が使用された〝広島〟を彷彿とさせる悲劇に襲われた。  日本から遠く、5000㎞以上も離れた中東のイラクに、別名「ヒロシマ」と呼ばれる町がある。  イラク北東部のイラン国境に近い人口約6万人弱のハラブジャ。この町は、イラクが隣国イランとの戦争を始めて8年目に入っていた88年3月16日、世界で初めて核兵器が使用された〝広島〟を彷彿とさせる悲劇に襲われた。

有料会員限定

会員登録(有料)
この記事をお読みいただくためには、会員登録(有料)が必要です。
新規会員登録とマイページ > 購読情報から購入手続きをお願いいたします。
※IDをお持ちの方はログインからお進みください

【会員登録方法】
会員登録をクリックしていただくと、新規会員仮登録メール送信画面に移動します。
メールアドレスを入力して会員登録をお願い致します。
1ユーザーごとの登録をお願い致します。(1ユーザー1アカウントです)