医薬経済オンライン

医療・医薬業界をさまざまな視点・論点から示すメディア

消え行く「100㎎」の存在意義

クラビット「500㎎」登場で困惑する医療現場

(株)薬新 井高恭彦

2009年8月1日号

 ニューキノロン系抗菌剤市場で、長年トップの座に君臨している「クラビット」(一般名=レボフロキサシン)錠100㎎の存在意義が問われている。7月7日に、殺菌力と耐性菌抑制力が、より強い500㎎が世に出たからだ。  製造販売元の第一三共は、医療機関に500㎎への切り替えを働きかけ、将来、100㎎の承認を整理する。5...  ニューキノロン系抗菌剤市場で、長年トップの座に君臨している「クラビット」(一般名=レボフロキサシン)錠100㎎の存在意義が問われている。7月7日に、殺菌力と耐性菌抑制力が、より強い500㎎が世に出たからだ。  製造販売元の第一三共は、医療機関に500㎎への切り替えを働きかけ、将来、100㎎の承認を整理する。500

有料会員限定

会員登録(有料)
この記事をお読みいただくためには、会員登録(有料)が必要です。
新規会員登録とマイページ > 購読情報から購入手続きをお願いいたします。
※IDをお持ちの方はログインからお進みください

【会員登録方法】
会員登録をクリックしていただくと、新規会員仮登録メール送信画面に移動します。
メールアドレスを入力して会員登録をお願い致します。
1ユーザーごとの登録をお願い致します。(1ユーザー1アカウントです)