医薬経済オンライン

医療・医薬業界をさまざまな視点・論点から示すメディア

安売り合戦突入で業界破壊の可能性

改正薬事法施行で始まった第2類、第3類の価値低下

2009年8月1日号

「これでは〝セルフメディケーションの促進〟どころではない。安売りの横行で業界破壊につながる恐れがある」  こう切り出すのは、ある医薬品卸の幹部。6月の改正薬事法の施行以来、小売りで始まったOTC薬の安売りは「目を覆いたくなる激しさ」だからだ。 「これでは〝セルフメディケーションの促進〟どころではない。安売りの横行で業界破壊につながる恐れがある」  こう切り出すのは、ある医薬品卸の幹部。6月の改正薬事法の施行以来、小売りで始まったOTC薬の安売りは「目を覆いたくなる激しさ」だからだ。

有料会員限定

会員登録(有料)
この記事をお読みいただくためには、会員登録(有料)が必要です。
新規会員登録とマイページ > 購読情報から購入手続きをお願いいたします。
※IDをお持ちの方はログインからお進みください

【会員登録方法】
会員登録をクリックしていただくと、新規会員仮登録メール送信画面に移動します。
メールアドレスを入力して会員登録をお願い致します。
1ユーザーごとの登録をお願い致します。(1ユーザー1アカウントです)