医薬経済オンライン

医療・医薬業界をさまざまな視点・論点から示すメディア

バイオクラスター阻害要因はPMDA

大阪と神戸、アプローチは違えど視線は同じ

2009年8月1日号

 ディベロッパーによる土地開発中心のクラスター形成の考え方が主流だった00年からの関西バイオクラスター構想は、ようやく現実的な青写真の下で、「世界5位」のクラスター規模(現在は13位程度)目標が現実感を持ち、地域でも説得力を持ち始めている。  ディベロッパーによる土地開発中心のクラスター形成の考え方が主流だった00年からの関西バイオクラスター構想は、ようやく現実的な青写真の下で、「世界5位」のクラスター規模(現在は13位程度)目標が現実感を持ち、地域でも説得力を持ち始めている。

有料会員限定

会員登録(有料)
この記事をお読みいただくためには、会員登録(有料)が必要です。
新規会員登録とマイページ > 購読情報から購入手続きをお願いいたします。
※IDをお持ちの方はログインからお進みください

【会員登録方法】
会員登録をクリックしていただくと、新規会員仮登録メール送信画面に移動します。
メールアドレスを入力して会員登録をお願い致します。
1ユーザーごとの登録をお願い致します。(1ユーザー1アカウントです)