医薬経済オンライン

医療・医薬業界をさまざまな視点・論点から示すメディア

業界尽言

新薬価制度論議に見る危機感

第46回 ドラッグラグ解消を絡めるな

薬事評論家 香澄 汐

2009年6月15日号

 国際的に見た日本の医薬品市場の魅力の低下が著しい。ICH(日米欧医薬品規制調和国際会議)がスタートした90年代初めには、日本は世界市場の25%を占めていたが、今や見る影もない。総医療費抑制の名の下に繰り返された薬価の引き下げは、総医療費が着実に延びるなかで、薬剤費や薬剤比率の削減こそが本当の目的だ...  国際的に見た日本の医薬品市場の魅力の低下が著しい。ICH(日米欧医薬品規制調和国際会議)がスタートした90年代初めには、日本は世界市場の25%を占めていたが、今や見る影もない。総医療費抑制の名の下に繰り返された薬価の引き下げは、総医療費が着実に延びるなかで、薬剤費や薬剤比率の削減こそが本当の目的だっ

有料会員限定

会員登録(有料)
この記事をお読みいただくためには、会員登録(有料)が必要です。
新規会員登録とマイページ > 購読情報から購入手続きをお願いいたします。
※IDをお持ちの方はログインからお進みください

【会員登録方法】
会員登録をクリックしていただくと、新規会員仮登録メール送信画面に移動します。
メールアドレスを入力して会員登録をお願い致します。
1ユーザーごとの登録をお願い致します。(1ユーザー1アカウントです)