医薬経済オンライン

医療・医薬業界をさまざまな視点・論点から示すメディア

フロントライン

処方せんの記載方法標準化を急げ

2009年6月15日号

 5月25日、厚生労働省で「内服薬処方せんの記載方法の在り方に関する検討会」の初会合が開かれた。医療安全の観点から、内服薬処方せんの記載方法に関わる課題や標準化など、今後の処方せんの記載方法のあり方について幅広い検討を行うというものだ。 医薬分業率が60%を超え、外来薬剤は調剤薬局から受け取るのが当た...  5月25日、厚生労働省で「内服薬処方せんの記載方法の在り方に関する検討会」の初会合が開かれた。医療安全の観点から、内服薬処方せんの記載方法に関わる課題や標準化など、今後の処方せんの記載方法のあり方について幅広い検討を行うというものだ。 医薬分業率が60%を超え、外来薬剤は調剤薬局から受け取るのが当たり

有料会員限定

会員登録(有料)
この記事をお読みいただくためには、会員登録(有料)が必要です。
新規会員登録とマイページ > 購読情報から購入手続きをお願いいたします。
※IDをお持ちの方はログインからお進みください

【会員登録方法】
会員登録をクリックしていただくと、新規会員仮登録メール送信画面に移動します。
メールアドレスを入力して会員登録をお願い致します。
1ユーザーごとの登録をお願い致します。(1ユーザー1アカウントです)