医薬経済オンライン

医療・医薬業界をさまざまな視点・論点から示すメディア

ドクターかでいのくすりの裏技

「パキシル」の知られざる世界

第15回

かでい伝次郎

2009年6月1日号

 このところ、本誌で選択的セロトニン再取込阻害薬(SSRI)による他害事件が集中的に取り上げられている。今回はこの問題を斜に構えて一刀両断と行こう。  ここでは「パキシル」(パロキセチン)を取り上げる。何しろ、業界ではパキシル販売元のグラクソ・スミスクライン以外は、「当社のSSRIは各メディアの...  このところ、本誌で選択的セロトニン再取込阻害薬(SSRI)による他害事件が集中的に取り上げられている。今回はこの問題を斜に構えて一刀両断と行こう。  ここでは「パキシル」(パロキセチン)を取り上げる。何しろ、業界ではパキシル販売元のグラクソ・スミスクライン以外は、「当社のSSRIは各メディアの報道

有料会員限定

会員登録(有料)
この記事をお読みいただくためには、会員登録(有料)が必要です。
新規会員登録とマイページ > 購読情報から購入手続きをお願いいたします。
※IDをお持ちの方はログインからお進みください

【会員登録方法】
会員登録をクリックしていただくと、新規会員仮登録メール送信画面に移動します。
メールアドレスを入力して会員登録をお願い致します。
1ユーザーごとの登録をお願い致します。(1ユーザー1アカウントです)