医薬経済オンライン

医療・医薬業界をさまざまな視点・論点から示すメディア

なぜか怪しい産科医療補償制度

早くも完全加入を達成、しかし止まぬ不満の声

2009年5月1日号

 日本医師会など全国の医師を敵に回した感のあった県立福島大学附属大野病院事件の捜査は、手術を執刀した産婦人科医の無罪によって決着が図られた。しかし、同事件に象徴されるように、産科医療の最大の問題は、その突出した訴訟率の高さであることは、今さら説明するまでもないだろう。  産科医療で医療事故訴訟が...  日本医師会など全国の医師を敵に回した感のあった県立福島大学附属大野病院事件の捜査は、手術を執刀した産婦人科医の無罪によって決着が図られた。しかし、同事件に象徴されるように、産科医療の最大の問題は、その突出した訴訟率の高さであることは、今さら説明するまでもないだろう。  産科医療で医療事故訴訟が多い

有料会員限定

会員登録(有料)
この記事をお読みいただくためには、会員登録(有料)が必要です。
新規会員登録とマイページ > 購読情報から購入手続きをお願いいたします。
※IDをお持ちの方はログインからお進みください

【会員登録方法】
会員登録をクリックしていただくと、新規会員仮登録メール送信画面に移動します。
メールアドレスを入力して会員登録をお願い致します。
1ユーザーごとの登録をお願い致します。(1ユーザー1アカウントです)