医薬経済オンライン

医療・医薬業界をさまざまな視点・論点から示すメディア

「幹細胞治療」の副作用報告

オバマの幹細胞命令の影で

医療ジャーナリスト 粥川準二

2009年5月1日号

 3月9日、米国のバラク・オバマ大統領はES細胞(胚性幹細胞)研究への連邦予算の支出を拡大する大統領命令に署名した。  周知の通り、ジョージ・ブッシュ前政権は宗教的、政治的理由からES細胞研究に消極的だった。ブッシュ前大統領は01年8月9日付の大統領命令によって、連邦予算を使えるES細胞株を、その日ま...  3月9日、米国のバラク・オバマ大統領はES細胞(胚性幹細胞)研究への連邦予算の支出を拡大する大統領命令に署名した。  周知の通り、ジョージ・ブッシュ前政権は宗教的、政治的理由からES細胞研究に消極的だった。ブッシュ前大統領は01年8月9日付の大統領命令によって、連邦予算を使えるES細胞株を、その日までに

有料会員限定

会員登録(有料)
この記事をお読みいただくためには、会員登録(有料)が必要です。
新規会員登録とマイページ > 購読情報から購入手続きをお願いいたします。
※IDをお持ちの方はログインからお進みください

【会員登録方法】
会員登録をクリックしていただくと、新規会員仮登録メール送信画面に移動します。
メールアドレスを入力して会員登録をお願い致します。
1ユーザーごとの登録をお願い致します。(1ユーザー1アカウントです)