医薬経済オンライン

医療・医薬業界をさまざまな視点・論点から示すメディア

フロントライン

局方拡大で後発品の品質保証を急げ

2009年4月15日号

 後発品使用が進まない。厚生労働省は12年度に数量ベースでシェア30%との目標をブチ上げたが、09年3月に開催された中医協診療報酬改定結果検証部会で説明された08年12月の後発品の使用状況調査結果は、処方せん件数比率で、1品目でも後発品に変更した処方せんは全体の4.0%という低調さだった。後発品への「変更不可」...  後発品使用が進まない。厚生労働省は12年度に数量ベースでシェア30%との目標をブチ上げたが、09年3月に開催された中医協診療報酬改定結果検証部会で説明された08年12月の後発品の使用状況調査結果は、処方せん件数比率で、1品目でも後発品に変更した処方せんは全体の4.0%という低調さだった。後発品への「変更不可」欄

有料会員限定

会員登録(有料)
この記事をお読みいただくためには、会員登録(有料)が必要です。
新規会員登録とマイページ > 購読情報から購入手続きをお願いいたします。
※IDをお持ちの方はログインからお進みください

【会員登録方法】
会員登録をクリックしていただくと、新規会員仮登録メール送信画面に移動します。
メールアドレスを入力して会員登録をお願い致します。
1ユーザーごとの登録をお願い致します。(1ユーザー1アカウントです)