医薬経済オンライン

医療・医薬業界をさまざまな視点・論点から示すメディア

interview

中外製薬 臨床開発企画部 田中智宏/ライフサイクルリーダー(ALECENSA) 寺田充宏

2017年7月1日号

よりよい薬剤だと証明したかった 非小細胞肺がんの2~5%でALK融合遺伝子の発現が報告されている。この患者の治療薬となるのがALK阻害剤だ。12年に、ファイザーが「ザーコリ」(一般名=クリゾチニブ)を発売。14年に、中外製薬の「アレセンサ」(アレクチニブ)が登場した。そんななか、中外製薬が実施した国... よりよい薬剤だと証明したかった 非小細胞肺がんの2~5%でALK融合遺伝子の発現が報告されている。この患者の治療薬となるのがALK阻害剤だ。12年に、ファイザーが「ザーコリ」(一般名=クリゾチニブ)を発売。14年に、中外製薬の「アレセンサ」(アレクチニブ)が登場した。そんななか、中外製薬が実施した国内第

有料会員限定

会員登録(有料)
この記事をお読みいただくためには、会員登録(有料)が必要です。
新規会員登録とマイページ > 購読情報から購入手続きをお願いいたします。
※IDをお持ちの方はログインからお進みください

【会員登録方法】
会員登録をクリックしていただくと、新規会員仮登録メール送信画面に移動します。
メールアドレスを入力して会員登録をお願い致します。
1ユーザーごとの登録をお願い致します。(1ユーザー1アカウントです)