医薬経済オンライン

医療・医薬業界をさまざまな視点・論点から示すメディア

医政羅針盤

全体では「マイナス」が定着する診療報酬改定

山形大学大学院医学系研究科医療政策学講座教授 村上正泰

2018年1月15日号

 18年度診療報酬改定の改定率が決定した。焦点となっていた本体改定率は+0.55%で、前回改定(+0.49%)を上回るプラス幅となった。しかし、薬価・材料と合わせた全体では▲1.19%で、3回連続のマイナス改定となった。 かつては、全体改定率がプラスになるか、マイナスになるかという点も大きな争点であったが、近...  18年度診療報酬改定の改定率が決定した。焦点となっていた本体改定率は+0.55%で、前回改定(+0.49%)を上回るプラス幅となった。しかし、薬価・材料と合わせた全体では▲1.19%で、3回連続のマイナス改定となった。 かつては、全体改定率がプラスになるか、マイナスになるかという点も大きな争点であったが、近年で

有料会員限定

会員登録(有料)
この記事をお読みいただくためには、会員登録(有料)が必要です。
新規会員登録とマイページ > 購読情報から購入手続きをお願いいたします。
※IDをお持ちの方はログインからお進みください

【会員登録方法】
会員登録をクリックしていただくと、新規会員仮登録メール送信画面に移動します。
メールアドレスを入力して会員登録をお願い致します。
1ユーザーごとの登録をお願い致します。(1ユーザー1アカウントです)