医薬経済オンライン

医療・医薬業界をさまざまな視点・論点から示すメディア

時流遡航

哲学の脇道遊行記―その概観考察

第4回 ─ホワイトヘッドの著書の翻訳文が抱える問題─

本田成親

2018年2月15日号

 2月1日号などで紹介した『思考の諸様態』(Modes of Thought)という和訳書の翻訳文の問題点について詳しく述べる前に、その原作者、アルフレッド・ノース・ホワイトヘッド(1861~1947年)の人物像を少しばかり紹介しておきましょう。 もともとはトポロジー(位相幾何学)を専攻する英国ケンブリッジ大学...  2月1日号などで紹介した『思考の諸様態』(Modes of Thought)という和訳書の翻訳文の問題点について詳しく述べる前に、その原作者、アルフレッド・ノース・ホワイトヘッド(1861~1947年)の人物像を少しばかり紹介しておきましょう。 もともとはトポロジー(位相幾何学)を専攻する英国ケンブリッジ大学の数

有料会員限定

会員登録(有料)
この記事をお読みいただくためには、会員登録(有料)が必要です。
新規会員登録とマイページ > 購読情報から購入手続きをお願いいたします。
※IDをお持ちの方はログインからお進みください

【会員登録方法】
会員登録をクリックしていただくと、新規会員仮登録メール送信画面に移動します。
メールアドレスを入力して会員登録をお願い致します。
1ユーザーごとの登録をお願い致します。(1ユーザー1アカウントです)