医薬経済オンライン

医療・医薬業界をさまざまな視点・論点から示すメディア

技術革新と製薬企業の明日

CARーT療法3つの「壁」

第94回 受け入れ体制の早急な整備を

生島准

2018年7月15日号

 遺伝子操作で改良した次世代の細胞医薬「CAR―T細胞療法」の実用化が急展開しつつある。今やビッグファーマも参入、少なくとも白血病の特効薬としての地位も確保した。来年中には日本でもCAR―T細胞療法が認可される見込みで、日本企業の参入も盛んになってきた。引き金を引いた2社 CAR―T細胞とは、キメラ...  遺伝子操作で改良した次世代の細胞医薬「CAR―T細胞療法」の実用化が急展開しつつある。今やビッグファーマも参入、少なくとも白血病の特効薬としての地位も確保した。来年中には日本でもCAR―T細胞療法が認可される見込みで、日本企業の参入も盛んになってきた。引き金を引いた2社 CAR―T細胞とは、キメラ抗

有料会員限定

会員登録(有料)
この記事をお読みいただくためには、会員登録(有料)が必要です。
新規会員登録とマイページ > 購読情報から購入手続きをお願いいたします。
※IDをお持ちの方はログインからお進みください

【会員登録方法】
会員登録をクリックしていただくと、新規会員仮登録メール送信画面に移動します。
メールアドレスを入力して会員登録をお願い致します。
1ユーザーごとの登録をお願い致します。(1ユーザー1アカウントです)