医薬経済オンライン

医療・医薬業界をさまざまな視点・論点から示すメディア

注目新薬と市場展望

BAN2401に見るアミロイドβ仮説の「現実味」

第24回

UBS証券株式会社 調査本部アナリスト 関 篤史

2018年8月15日号

 7月6日、エーザイとバイオジェンが「BAN2401」の第Ⅱ相結果を公表して以降、エーザイの株価は乱高下した。6日と9日にストップ高となり計39%上昇、一方で、26日には一時、約20%下落した。ただ、良好な第Ⅱ相結果公表以降、エーザイの時価総額は約7000億円、バイオジェンの時価総額は約9000億円増加し...  7月6日、エーザイとバイオジェンが「BAN2401」の第Ⅱ相結果を公表して以降、エーザイの株価は乱高下した。6日と9日にストップ高となり計39%上昇、一方で、26日には一時、約20%下落した。ただ、良好な第Ⅱ相結果公表以降、エーザイの時価総額は約7000億円、バイオジェンの時価総額は約9000億円増加した

有料会員限定

会員登録(有料)
この記事をお読みいただくためには、会員登録(有料)が必要です。
新規会員登録とマイページ > 購読情報から購入手続きをお願いいたします。
※IDをお持ちの方はログインからお進みください

【会員登録方法】
会員登録をクリックしていただくと、新規会員仮登録メール送信画面に移動します。
メールアドレスを入力して会員登録をお願い致します。
1ユーザーごとの登録をお願い致します。(1ユーザー1アカウントです)