医薬経済オンライン

医療・医薬業界をさまざまな視点・論点から示すメディア

平時医療体制の破綻に備える〜電光石火こそ最良の有事医療〜

「命」が見える個人用救急品とは

第60回

愛知医科大学 非常勤講師 照井資規

2018年9月15日号

 前回9月1日号で、陸上自衛隊の個人携行救急品の内容品のうち70%が欠陥品で、たった1ヵ所の手足に受けた銃創の止血すらできないこと、救命力はわずか5%程度であることを記した。 その内容品は隊員の救命を追求して選定されたものではないことが明らかで、さらに内容品が増えても、その使用法教育が行われていな...  前回9月1日号で、陸上自衛隊の個人携行救急品の内容品のうち70%が欠陥品で、たった1ヵ所の手足に受けた銃創の止血すらできないこと、救命力はわずか5%程度であることを記した。 その内容品は隊員の救命を追求して選定されたものではないことが明らかで、さらに内容品が増えても、その使用法教育が行われていないば

有料会員限定

会員登録(有料)
この記事をお読みいただくためには、会員登録(有料)が必要です。
新規会員登録とマイページ > 購読情報から購入手続きをお願いいたします。
※IDをお持ちの方はログインからお進みください

【会員登録方法】
会員登録をクリックしていただくと、新規会員仮登録メール送信画面に移動します。
メールアドレスを入力して会員登録をお願い致します。
1ユーザーごとの登録をお願い致します。(1ユーザー1アカウントです)