医薬経済オンライン

医療・医薬業界をさまざまな視点・論点から示すメディア

支払いと結果 ━医療の構造━

脂質低減を誘導する報償は医師と患者のシェアが効果的

第14回 ペイ・フォー・パフォーマンスの設計(❶②③)

2018年10月15日号

▽健康的な行動変容で患者を、患者指導の成果で担当医を報償するP4Pは米国で経験を積んでいる▽最大効果をもたらす報償の設計とは?ランダム化臨床試験で探り、経済的評価に展開した▽患者に、医師にではなく、報償額は半分になっても患者と医師をともに刺激するシェアの戦略がいい【出典】 David A. Asch, et al., Effect... ▽健康的な行動変容で患者を、患者指導の成果で担当医を報償するP4Pは米国で経験を積んでいる▽最大効果をもたらす報償の設計とは?ランダム化臨床試験で探り、経済的評価に展開した▽患者に、医師にではなく、報償額は半分になっても患者と医師をともに刺激するシェアの戦略がいい【出典】 David A. Asch, et al., Effect of

有料会員限定

会員登録(有料)
この記事をお読みいただくためには、会員登録(有料)が必要です。
新規会員登録とマイページ > 購読情報から購入手続きをお願いいたします。
※IDをお持ちの方はログインからお進みください

【会員登録方法】
会員登録をクリックしていただくと、新規会員仮登録メール送信画面に移動します。
メールアドレスを入力して会員登録をお願い致します。
1ユーザーごとの登録をお願い致します。(1ユーザー1アカウントです)