医薬経済オンライン

医療・医薬業界をさまざまな視点・論点から示すメディア

世界の医薬品業界 

拡大と寡占化が進む抗がん剤市場

第143回

研ファーマ・ブレーン 永江研太郎

2019年2月15日号

 日本では製薬企業の希望退職者募集が相次いで発表されている。大型品のパテント切れは必ずやってくるし、抗がん剤や「ヒュミラ」、「エンタイビオ」などの炎症性免疫疾患薬を除けば、世界の医薬品市場は縮小しているので、欧米でもそれに対応した人員削減は多い。 グラクソ・スミスクラインはトップ製品の「アドエア...  日本では製薬企業の希望退職者募集が相次いで発表されている。大型品のパテント切れは必ずやってくるし、抗がん剤や「ヒュミラ」、「エンタイビオ」などの炎症性免疫疾患薬を除けば、世界の医薬品市場は縮小しているので、欧米でもそれに対応した人員削減は多い。 グラクソ・スミスクラインはトップ製品の「アドエア・デ

有料会員限定

会員登録(有料)
この記事をお読みいただくためには、会員登録(有料)が必要です。
新規会員登録とマイページ > 購読情報から購入手続きをお願いいたします。
※IDをお持ちの方はログインからお進みください

【会員登録方法】
会員登録をクリックしていただくと、新規会員仮登録メール送信画面に移動します。
メールアドレスを入力して会員登録をお願い致します。
1ユーザーごとの登録をお願い致します。(1ユーザー1アカウントです)