医薬経済オンライン

医療・医薬業界をさまざまな視点・論点から示すメディア

大きく萎む薬価「引き上げ」への期待

4月から費用対効果評価本格導入

2019年3月15日号

「これは値下げのためにあるわけではない」  16年8月、医薬品の費用対効果評価について、本誌取材にそう断言していたのは厚生労働省の鈴木康裕保険局長(当時、現医務技監)だ。続けて、こうも語っていた。 「医薬品の治験はあくまで治験で、PMS(市販後調査)に比重が移りつつある。収載後に... 「これは値下げのためにあるわけではない」  16年8月、医薬品の費用対効果評価について、本誌取材にそう断言していたのは厚生労働省の鈴木康裕保険局長(当時、現医務技監)だ。続けて、こうも語っていた。 「医薬品の治験はあくまで治験で、PMS(市販後調査)に比重が移りつつある。収載後に評価

有料会員限定

会員登録(有料)
この記事をお読みいただくためには、会員登録(有料)が必要です。
新規会員登録とマイページ > 購読情報から購入手続きをお願いいたします。
※IDをお持ちの方はログインからお進みください

【会員登録方法】
会員登録をクリックしていただくと、新規会員仮登録メール送信画面に移動します。
メールアドレスを入力して会員登録をお願い致します。
1ユーザーごとの登録をお願い致します。(1ユーザー1アカウントです)