医薬経済オンライン

医療・医薬業界をさまざまな視点・論点から示すメディア

間違いだらけのHTA

「成果報酬型支払い」の最新動向

第45回

東京大学大学院薬学系研究科 五十嵐中

2019年4月1日号

 給付の可否や価格の調整を決める際に、費用対効果のデータを「参考にする」のが(狭義の)HTAだ。参考にするのが肝で、費用対効果のデータ「のみ」で決定する機関は世界中どこにも存在しない。  もともとの条件では費用対効果が悪くて給付が難しい薬剤について、さまざまな「敗者復活ルール」が整備され...  給付の可否や価格の調整を決める際に、費用対効果のデータを「参考にする」のが(狭義の)HTAだ。参考にするのが肝で、費用対効果のデータ「のみ」で決定する機関は世界中どこにも存在しない。  もともとの条件では費用対効果が悪くて給付が難しい薬剤について、さまざまな「敗者復活ルール」が整備されてい

有料会員限定

会員登録(有料)
この記事をお読みいただくためには、会員登録(有料)が必要です。
新規会員登録とマイページ > 購読情報から購入手続きをお願いいたします。
※IDをお持ちの方はログインからお進みください

【会員登録方法】
会員登録をクリックしていただくと、新規会員仮登録メール送信画面に移動します。
メールアドレスを入力して会員登録をお願い致します。
1ユーザーごとの登録をお願い致します。(1ユーザー1アカウントです)