医薬経済オンライン

医療・医薬業界をさまざまな視点・論点から示すメディア

それで誰が「安定供給」を担うのか

抗菌薬で欠品続発、「G1品」も増産対応の皮肉

2019年5月15日号

 人類を感染症から守り、寿命延伸に貢献してきた抗菌薬の供給問題が続発している。これは、意味のある偶然の一致「シンクロニシティ」なのか、単なる偶然なのか。  直近では3月、日医工のセフェム系抗生物質「セファゾリンナトリウム」について、海外から原薬が調達できず、全国的に欠品することが表面化...  人類を感染症から守り、寿命延伸に貢献してきた抗菌薬の供給問題が続発している。これは、意味のある偶然の一致「シンクロニシティ」なのか、単なる偶然なのか。  直近では3月、日医工のセフェム系抗生物質「セファゾリンナトリウム」について、海外から原薬が調達できず、全国的に欠品することが表面化。同

有料会員限定

会員登録(有料)
この記事をお読みいただくためには、会員登録(有料)が必要です。
新規会員登録とマイページ > 購読情報から購入手続きをお願いいたします。
※IDをお持ちの方はログインからお進みください

【会員登録方法】
会員登録をクリックしていただくと、新規会員仮登録メール送信画面に移動します。
メールアドレスを入力して会員登録をお願い致します。
1ユーザーごとの登録をお願い致します。(1ユーザー1アカウントです)