医薬経済オンライン

医療・医薬業界をさまざまな視点・論点から示すメディア

再生医療の新ツールとなる「エクソソーム創薬」

細胞・遺伝子治療を超える可能性

2019年5月15日号

 4月15日号の巻頭で登場した東京医科大学の落谷孝広教授は3月に大阪市で行われた日本再生医療学会総会の「組織幹細胞再生医療」のセッションで興味深い講演をした。それは、「エクソソーム」を用いた細胞治療の可能性について言及したことである。正常組織から得られる幹細胞のエクソソームが疾患組織から産生されてい...  4月15日号の巻頭で登場した東京医科大学の落谷孝広教授は3月に大阪市で行われた日本再生医療学会総会の「組織幹細胞再生医療」のセッションで興味深い講演をした。それは、「エクソソーム」を用いた細胞治療の可能性について言及したことである。正常組織から得られる幹細胞のエクソソームが疾患組織から産生されているエ

有料会員限定

会員登録(有料)
この記事をお読みいただくためには、会員登録(有料)が必要です。
新規会員登録とマイページ > 購読情報から購入手続きをお願いいたします。
※IDをお持ちの方はログインからお進みください

【会員登録方法】
会員登録をクリックしていただくと、新規会員仮登録メール送信画面に移動します。
メールアドレスを入力して会員登録をお願い致します。
1ユーザーごとの登録をお願い致します。(1ユーザー1アカウントです)