医薬経済オンライン

医療・医薬業界をさまざまな視点・論点から示すメディア

キムリア薬価の「日本的決着」

ルールよりも優先される社会的許容度

2019年6月1日号

「オプジーボのトラウマがあり、値付け時点でのバッシングは何としても避けたい。当局も企業も、その点では共通だったのではないか」  製薬内資大手の薬価担当者は「3349万円」という数字について、そんな感想を漏らす。ノバルティスファーマのCAR–T細胞療法「キムリア点滴静注」は5月22日、1患者あたり334... 「オプジーボのトラウマがあり、値付け時点でのバッシングは何としても避けたい。当局も企業も、その点では共通だったのではないか」  製薬内資大手の薬価担当者は「3349万円」という数字について、そんな感想を漏らす。ノバルティスファーマのCAR–T細胞療法「キムリア点滴静注」は5月22日、1患者あたり3349万

有料会員限定

会員登録(有料)
この記事をお読みいただくためには、会員登録(有料)が必要です。
新規会員登録とマイページ > 購読情報から購入手続きをお願いいたします。
※IDをお持ちの方はログインからお進みください

【会員登録方法】
会員登録をクリックしていただくと、新規会員仮登録メール送信画面に移動します。
メールアドレスを入力して会員登録をお願い致します。
1ユーザーごとの登録をお願い致します。(1ユーザー1アカウントです)