医薬経済オンライン

医療・医薬業界をさまざまな視点・論点から示すメディア

変革期迎えた中国医薬品業界

18年の医薬品承認審査

第28回 遅延・停滞状況は大きく改善

シード・プランニング 沈友敏

2019年8月15日号

 中国政府は医薬品の承認審査の遅延や停滞問題(ドラッグ・ラグ)を改善するため、16年に新薬の上市許可の審査期間を短縮させる「優先承認制度」を導入した。その後、日本を含む外資系製薬企業がその恩恵を受けている。新薬市場も急速に拡大している。  今回は、18年の医薬品承認審査の概況をまとめてみた...  中国政府は医薬品の承認審査の遅延や停滞問題(ドラッグ・ラグ)を改善するため、16年に新薬の上市許可の審査期間を短縮させる「優先承認制度」を導入した。その後、日本を含む外資系製薬企業がその恩恵を受けている。新薬市場も急速に拡大している。  今回は、18年の医薬品承認審査の概況をまとめてみたい

有料会員限定

会員登録(有料)
この記事をお読みいただくためには、会員登録(有料)が必要です。
新規会員登録とマイページ > 購読情報から購入手続きをお願いいたします。
※IDをお持ちの方はログインからお進みください

【会員登録方法】
会員登録をクリックしていただくと、新規会員仮登録メール送信画面に移動します。
メールアドレスを入力して会員登録をお願い致します。
1ユーザーごとの登録をお願い致します。(1ユーザー1アカウントです)