医薬経済オンライン

医療・医薬業界をさまざまな視点・論点から示すメディア

支払いと結果ー医療の構造ー

投与量調整に伴う経口抗がん剤の〝浪費〟

第35回 提供する製剤用量設計による廃棄可能性の違い

2019年9月1日号

▽高額な抗がん剤ではアンプルに残った注射剤の廃棄・ロスの扱いがしばしば議論になってきた ▽しかし経口抗がん剤においても治療途中に起こる投与量調整が調剤済み製剤の未使用につながる ▽提供する用量ラインアップによって行う投与量調整は浪費の結果か、フレキシブルな対応に分かれる 【出典】&nbsp... ▽高額な抗がん剤ではアンプルに残った注射剤の廃棄・ロスの扱いがしばしば議論になってきた ▽しかし経口抗がん剤においても治療途中に起こる投与量調整が調剤済み製剤の未使用につながる ▽提供する用量ラインアップによって行う投与量調整は浪費の結果か、フレキシブルな対応に分かれる 【出典】 

有料会員限定

会員登録(有料)
この記事をお読みいただくためには、会員登録(有料)が必要です。
新規会員登録とマイページ > 購読情報から購入手続きをお願いいたします。
※IDをお持ちの方はログインからお進みください

【会員登録方法】
会員登録をクリックしていただくと、新規会員仮登録メール送信画面に移動します。
メールアドレスを入力して会員登録をお願い致します。
1ユーザーごとの登録をお願い致します。(1ユーザー1アカウントです)