医薬経済オンライン

医療・医薬業界をさまざまな視点・論点から示すメディア

適応違いに関係者は「総すくみ」

代替薬のないペルサンチンは査定されるか

2019年10月15日号

 これでは医療機関や薬局は、毎日ギャンブルをしているようなものだ。医薬品の「適応外使用」で、保険診療が認められるかどうかの基準が曖昧となっている。  目下のところ、問題となりつつあるのが日本ベーリンガーインゲルハイムの抗血小板薬「ペルサンチンLカプセル150㎎」(一般名=ジピリダモール)。...  これでは医療機関や薬局は、毎日ギャンブルをしているようなものだ。医薬品の「適応外使用」で、保険診療が認められるかどうかの基準が曖昧となっている。  目下のところ、問題となりつつあるのが日本ベーリンガーインゲルハイムの抗血小板薬「ペルサンチンLカプセル150㎎」(一般名=ジピリダモール)。す

有料会員限定

会員登録(有料)
この記事をお読みいただくためには、会員登録(有料)が必要です。
新規会員登録とマイページ > 購読情報から購入手続きをお願いいたします。
※IDをお持ちの方はログインからお進みください

【会員登録方法】
会員登録をクリックしていただくと、新規会員仮登録メール送信画面に移動します。
メールアドレスを入力して会員登録をお願い致します。
1ユーザーごとの登録をお願い致します。(1ユーザー1アカウントです)