医薬経済オンライン

医療・医薬業界をさまざまな視点・論点から示すメディア

厚労省と製薬企業の「活発すぎる」人材交流

法案情報漏洩問題が浮き彫りとする「一般目線」の欠如

2019年10月15日号

「内閣法制局幹部が法案漏洩、製薬会社役員に」  9月3日の毎日新聞朝刊に、製薬業界関係者の眠気を覚ます大見出しが打たれた。報じたのは16年5月に国会提出された臨床研究法案を作成中だった同年1月に起きた出来事。厚生労働省から出向中の内閣法制局参事官が、元厚労省職員だった製薬企業役員に対し、法案... 「内閣法制局幹部が法案漏洩、製薬会社役員に」  9月3日の毎日新聞朝刊に、製薬業界関係者の眠気を覚ます大見出しが打たれた。報じたのは16年5月に国会提出された臨床研究法案を作成中だった同年1月に起きた出来事。厚生労働省から出向中の内閣法制局参事官が、元厚労省職員だった製薬企業役員に対し、法案の

有料会員限定

会員登録(有料)
この記事をお読みいただくためには、会員登録(有料)が必要です。
新規会員登録とマイページ > 購読情報から購入手続きをお願いいたします。
※IDをお持ちの方はログインからお進みください

【会員登録方法】
会員登録をクリックしていただくと、新規会員仮登録メール送信画面に移動します。
メールアドレスを入力して会員登録をお願い致します。
1ユーザーごとの登録をお願い致します。(1ユーザー1アカウントです)