医薬経済オンライン

医療・医薬業界をさまざまな視点・論点から示すメディア

ポケット解説

20年度改革 決着前のポイント整理

薬価制度の論点

(株)薬新 井高恭彦

2019年10月15日号

 20年度の薬価制度改革論議が年末の最終決着に向けて佳境を迎える。前回18年度改革は新薬創出・適応外薬解消等促進加算の大幅見直し、長期収載品の段階的な強制引き下げ(いわゆるG1、G2)で業界に激震が走った。その余韻が冷めやらぬまま、19年10月の消費税改定に突入。さらに21年度には毎年改定が待っている。すなわ...  20年度の薬価制度改革論議が年末の最終決着に向けて佳境を迎える。前回18年度改革は新薬創出・適応外薬解消等促進加算の大幅見直し、長期収載品の段階的な強制引き下げ(いわゆるG1、G2)で業界に激震が走った。その余韻が冷めやらぬまま、19年10月の消費税改定に突入。さらに21年度には毎年改定が待っている。すなわちこ

有料会員限定

会員登録(有料)
この記事をお読みいただくためには、会員登録(有料)が必要です。
新規会員登録とマイページ > 購読情報から購入手続きをお願いいたします。
※IDをお持ちの方はログインからお進みください

【会員登録方法】
会員登録をクリックしていただくと、新規会員仮登録メール送信画面に移動します。
メールアドレスを入力して会員登録をお願い致します。
1ユーザーごとの登録をお願い致します。(1ユーザー1アカウントです)