医薬経済オンライン

医療・医薬業界をさまざまな視点・論点から示すメディア

鳥集徹の口に苦い話 〜媚びないジャーナリストの劇薬処方箋〜

「医療費削減」厚労省と財務省は 「がん検診」の闇にも切り込め

第98回

鳥集徹

2019年11月15日号

 厚生労働省が「統合・再編を議論すべき」とする公的病院のリストを公表したのに続き、財務省が保険財政への影響が大きい医薬品として「キムリア」(一般名=チサゲンレクルユーセル)とともに「ゾレア」(一般名=オマリズマブ)の名を挙げたというニュースを読んだ(姉妹紙「RISFAX」11月15日付)。 ゾレアはIgE抗体...  厚生労働省が「統合・再編を議論すべき」とする公的病院のリストを公表したのに続き、財務省が保険財政への影響が大きい医薬品として「キムリア」(一般名=チサゲンレクルユーセル)とともに「ゾレア」(一般名=オマリズマブ)の名を挙げたというニュースを読んだ(姉妹紙「RISFAX」11月15日付)。 ゾレアはIgE抗体に

有料会員限定

会員登録(有料)
この記事をお読みいただくためには、会員登録(有料)が必要です。
新規会員登録とマイページ > 購読情報から購入手続きをお願いいたします。
※IDをお持ちの方はログインからお進みください

【会員登録方法】
会員登録をクリックしていただくと、新規会員仮登録メール送信画面に移動します。
メールアドレスを入力して会員登録をお願い致します。
1ユーザーごとの登録をお願い致します。(1ユーザー1アカウントです)