医薬経済オンライン

医療・医薬業界をさまざまな視点・論点から示すメディア

稼げる病院以外は「退場」が本音

地方は反対の大合唱も止められない流れ

2019年11月15日号

 若手職員が悲鳴を上げ、小泉進次郎環境相が若手議員とともに「厚生」と「労働」の分割を提言するなど、厚生労働省はあまりにも管轄が広く、多忙を極める。そんな厚労行政で優先順位をつけるとしたら何になるか。多くの現役官僚、OBの声を拾っていくと「医療」がトップとなる。医療保険か医政に関わっていないキャリア...  若手職員が悲鳴を上げ、小泉進次郎環境相が若手議員とともに「厚生」と「労働」の分割を提言するなど、厚生労働省はあまりにも管轄が広く、多忙を極める。そんな厚労行政で優先順位をつけるとしたら何になるか。多くの現役官僚、OBの声を拾っていくと「医療」がトップとなる。医療保険か医政に関わっていないキャリアで事

有料会員限定

会員登録(有料)
この記事をお読みいただくためには、会員登録(有料)が必要です。
新規会員登録とマイページ > 購読情報から購入手続きをお願いいたします。
※IDをお持ちの方はログインからお進みください

【会員登録方法】
会員登録をクリックしていただくと、新規会員仮登録メール送信画面に移動します。
メールアドレスを入力して会員登録をお願い致します。
1ユーザーごとの登録をお願い致します。(1ユーザー1アカウントです)