医薬経済オンライン

医療・医薬業界をさまざまな視点・論点から示すメディア

医政羅針盤

働き方改革がもたらす地域医療への影響

山形大学大学院医学系研究科 医療政策学講座教授 村上正泰

2020年2月1日号

 厚生労働省は、地域医療構想と医師偏在対策、医師の働き方改革を「三位一体の改革」として進める方針を示している。かつて「三位一体の改革」という言葉は、小泉純一郎政権下の地方財政改革で用いられたことがあるが、地方自治体にとっては、あまりよい記憶が残っていない。今回の医療政策における「三位一体の改革」...  厚生労働省は、地域医療構想と医師偏在対策、医師の働き方改革を「三位一体の改革」として進める方針を示している。かつて「三位一体の改革」という言葉は、小泉純一郎政権下の地方財政改革で用いられたことがあるが、地方自治体にとっては、あまりよい記憶が残っていない。今回の医療政策における「三位一体の改革」も、

有料会員限定

会員登録(有料)
この記事をお読みいただくためには、会員登録(有料)が必要です。
新規会員登録とマイページ > 購読情報から購入手続きをお願いいたします。
※IDをお持ちの方はログインからお進みください

【会員登録方法】
会員登録をクリックしていただくと、新規会員仮登録メール送信画面に移動します。
メールアドレスを入力して会員登録をお願い致します。
1ユーザーごとの登録をお願い致します。(1ユーザー1アカウントです)