医薬経済オンライン

医療・医薬業界をさまざまな視点・論点から示すメディア

平時医療体制の破綻に備える〜電光石火こそ最良の有事医療〜

毎年発生する平時医療の破綻

第95回

愛知医科大学 非常勤講師 照井資規

2020年3月1日号

 現実に日本の医療体制が破綻してしまう危機が迫ってきた。今回は緊急で、新型肺炎流行を契機に日本がすべきことについて述べる。  WHO(世界保健機関)は2月11日、新型コロナウイルスの名称をSARS–CoV–2(※)、それにより引き起こされる疾患の正式名称をCOVID‌–19と定めた。日本の対応については批判的な...  現実に日本の医療体制が破綻してしまう危機が迫ってきた。今回は緊急で、新型肺炎流行を契機に日本がすべきことについて述べる。  WHO(世界保健機関)は2月11日、新型コロナウイルスの名称をSARS–CoV–2(※)、それにより引き起こされる疾患の正式名称をCOVID‌–19と定めた。日本の対応については批判的な報

有料会員限定

会員登録(有料)
この記事をお読みいただくためには、会員登録(有料)が必要です。
新規会員登録とマイページ > 購読情報から購入手続きをお願いいたします。
※IDをお持ちの方はログインからお進みください

【会員登録方法】
会員登録をクリックしていただくと、新規会員仮登録メール送信画面に移動します。
メールアドレスを入力して会員登録をお願い致します。
1ユーザーごとの登録をお願い致します。(1ユーザー1アカウントです)