医薬経済オンライン

医療・医薬業界をさまざまな視点・論点から示すメディア

ラツーダの「3度目の正直」は浮かばれるか

米国より9年遅れ、新型コロナ禍の激動期に国内販売開始

㈱薬新 井高 恭彦

2020年5月15日号

 大日本住友製薬の非定型抗精神病薬「ラツーダ」(一般名=ルラシドン塩酸塩)がようやく国内で販売される。3月25日付で承認を取得。薬価収載後、精神・神経系領域専任MR350人が情報提供活動を開始する。  米国での販売開始が11年2月だから約9年遅れだ。すでに物質特許は切れ、独占販売期間は再審査期間8...  大日本住友製薬の非定型抗精神病薬「ラツーダ」(一般名=ルラシドン塩酸塩)がようやく国内で販売される。3月25日付で承認を取得。薬価収載後、精神・神経系領域専任MR350人が情報提供活動を開始する。  米国での販売開始が11年2月だから約9年遅れだ。すでに物質特許は切れ、独占販売期間は再審査期間8年の

有料会員限定

会員登録(有料)
この記事をお読みいただくためには、会員登録(有料)が必要です。
新規会員登録とマイページ > 購読情報から購入手続きをお願いいたします。
※IDをお持ちの方はログインからお進みください

【会員登録方法】
会員登録をクリックしていただくと、新規会員仮登録メール送信画面に移動します。
メールアドレスを入力して会員登録をお願い致します。
1ユーザーごとの登録をお願い致します。(1ユーザー1アカウントです)