医薬経済オンライン

医療・医薬業界をさまざまな視点・論点から示すメディア

鳥集徹の口に苦い話〜媚びないジャーナリストの劇薬処方箋〜

予想以上に多い不顕性感染者 コロナのリスクを見直すべきだ

第110回

鳥集徹

2020年5月15日号

 5月2日、神戸市立医療センター中央市民病院が、新型コロナウイルスと関係のない症状で外来を受診した患者1000人の血液を調べたところ、抗体を持つ人の割合が2.7%だったと発表した。神戸市の人口約151万人をもとに計算すると、4月上旬の段階で市民約4万人が感染していたことになり、その数は公表されているPCR陽性者の...  5月2日、神戸市立医療センター中央市民病院が、新型コロナウイルスと関係のない症状で外来を受診した患者1000人の血液を調べたところ、抗体を持つ人の割合が2.7%だったと発表した。神戸市の人口約151万人をもとに計算すると、4月上旬の段階で市民約4万人が感染していたことになり、その数は公表されているPCR陽性者の400

有料会員限定

会員登録(有料)
この記事をお読みいただくためには、会員登録(有料)が必要です。
新規会員登録とマイページ > 購読情報から購入手続きをお願いいたします。
※IDをお持ちの方はログインからお進みください

【会員登録方法】
会員登録をクリックしていただくと、新規会員仮登録メール送信画面に移動します。
メールアドレスを入力して会員登録をお願い致します。
1ユーザーごとの登録をお願い致します。(1ユーザー1アカウントです)