医薬経済オンライン

医療・医薬業界をさまざまな視点・論点から示すメディア

国内製薬の役員報酬に「地殻変動」

外資製薬トップを追いかける意義は

2020年7月15日号

 製薬企業の社長の報酬の「水準」は、どのレベルが適正なのだろうか。武田薬品のクリストフ・ウェバー社長の19年度の報酬は前年度から3億円以上増え、20億円を突破(表1)。さらに、ウェバー社長に追随するかのように、アステラス製薬の安川健司社長の報酬も5億円台に乗った(表2)。両社の報酬がこれほどまでに高額な...  製薬企業の社長の報酬の「水準」は、どのレベルが適正なのだろうか。武田薬品のクリストフ・ウェバー社長の19年度の報酬は前年度から3億円以上増え、20億円を突破(表1)。さらに、ウェバー社長に追随するかのように、アステラス製薬の安川健司社長の報酬も5億円台に乗った(表2)。両社の報酬がこれほどまでに高額なのは

有料会員限定

会員登録(有料)
この記事をお読みいただくためには、会員登録(有料)が必要です。
新規会員登録とマイページ > 購読情報から購入手続きをお願いいたします。
※IDをお持ちの方はログインからお進みください

【会員登録方法】
会員登録をクリックしていただくと、新規会員仮登録メール送信画面に移動します。
メールアドレスを入力して会員登録をお願い致します。
1ユーザーごとの登録をお願い致します。(1ユーザー1アカウントです)