医薬経済オンライン

医療・医薬業界をさまざまな視点・論点から示すメディア

医政羅針盤

政策的「正しさ」と政治的妥協

山形大学大学院医学系研究科 医療政策学講座教授 村上正泰

2020年7月15日号

 新型コロナウイルス禍を経たこれからの医療政策には、ますます難しい舵取りが求められる。平時からの医療体制整備の必要性が認識されたことで、医療費を単に「負担」としてしか捉えず、医療費抑制や効率化ありきで考える議論に歯止めが掛かると予想(期待)されると同時に、景気の低迷が長引き、しかも医療分野以外も...  新型コロナウイルス禍を経たこれからの医療政策には、ますます難しい舵取りが求められる。平時からの医療体制整備の必要性が認識されたことで、医療費を単に「負担」としてしか捉えず、医療費抑制や効率化ありきで考える議論に歯止めが掛かると予想(期待)されると同時に、景気の低迷が長引き、しかも医療分野以外も含め

有料会員限定

会員登録(有料)
この記事をお読みいただくためには、会員登録(有料)が必要です。
新規会員登録とマイページ > 購読情報から購入手続きをお願いいたします。
※IDをお持ちの方はログインからお進みください

【会員登録方法】
会員登録をクリックしていただくと、新規会員仮登録メール送信画面に移動します。
メールアドレスを入力して会員登録をお願い致します。
1ユーザーごとの登録をお願い致します。(1ユーザー1アカウントです)