医薬経済オンライン

医療・医薬業界をさまざまな視点・論点から示すメディア

医工連携

次世代核酸医薬を提案

医工連携の実践者42 岡本晃充 東京大学教授

2021年4月15日号

 代謝拮抗剤と呼ばれるジャンルの抗がん剤は、分子の基本骨格がDNAやRNAに含まれる核酸塩基と同じため、DNAやRNAの塩基配列中に割り込むことがある。割り込まれた核酸は合成や翻訳が阻害され、その細胞も異常をきたす。こうした機序の代謝拮抗剤は、殺細胞効果が高い一方、腫瘍細胞と正常細胞の区別なく作...  代謝拮抗剤と呼ばれるジャンルの抗がん剤は、分子の基本骨格がDNAやRNAに含まれる核酸塩基と同じため、DNAやRNAの塩基配列中に割り込むことがある。割り込まれた核酸は合成や翻訳が阻害され、その細胞も異常をきたす。こうした機序の代謝拮抗剤は、殺細胞効果が高い一方、腫瘍細胞と正常細胞の区別なく作用

有料会員限定

会員登録(有料)
この記事をお読みいただくためには、会員登録(有料)が必要です。
新規会員登録とマイページ > 購読情報から購入手続きをお願いいたします。
※IDをお持ちの方はログインからお進みください

【会員登録方法】
会員登録をクリックしていただくと、新規会員仮登録メール送信画面に移動します。
メールアドレスを入力して会員登録をお願い致します。
1ユーザーごとの登録をお願い致します。(1ユーザー1アカウントです)