医薬経済オンライン

医療・医薬業界をさまざまな視点・論点から示すメディア

アデュカヌマブの「復活劇」は報われるか

FDAの最終判断まで残すところ約1ヵ月半

㈱薬新 井高恭彦

2021年4月15日号

 米バイオジェンが主導し、エーザイと共同開発を進めているアルツハイマー型認知症(AD)治療薬「アデュカヌマブ」ほど開発、申請、審査で一進一退が続くケースはかつてなかった。  国際共同第Ⅲ相(P3)試験の途中でプロトコルを何度も変更、申請を前にした試験データの中間解析で第三者委員会から「無益...  米バイオジェンが主導し、エーザイと共同開発を進めているアルツハイマー型認知症(AD)治療薬「アデュカヌマブ」ほど開発、申請、審査で一進一退が続くケースはかつてなかった。  国際共同第Ⅲ相(P3)試験の途中でプロトコルを何度も変更、申請を前にした試験データの中間解析で第三者委員会から「無益性」

有料会員限定

会員登録(有料)
この記事をお読みいただくためには、会員登録(有料)が必要です。
新規会員登録とマイページ > 購読情報から購入手続きをお願いいたします。
※IDをお持ちの方はログインからお進みください

【会員登録方法】
会員登録をクリックしていただくと、新規会員仮登録メール送信画面に移動します。
メールアドレスを入力して会員登録をお願い致します。
1ユーザーごとの登録をお願い致します。(1ユーザー1アカウントです)