医薬経済オンライン

医療・医薬業界をさまざまな視点・論点から示すメディア

激動の時代の製薬企業 その戦略と事業価値

鳥居薬品 事業構造改革で収益回復めざす

HIV薬販売権返上の影響修復へ

2021年4月15日号

正念場は続く  鳥居薬品が日本たばこ産業(JT)の連結子会社となったのが98年12月。99年10月に医薬品営業機能は鳥居に統合、研究開発機能をJTに集中する体制とした。スタートの00年度の売上高は477億円だったが、09年3月期には373億円まで落ち込んだ。主力製品のタンパク分解酵素阻害剤「フサン」が後... 正念場は続く  鳥居薬品が日本たばこ産業(JT)の連結子会社となったのが98年12月。99年10月に医薬品営業機能は鳥居に統合、研究開発機能をJTに集中する体制とした。スタートの00年度の売上高は477億円だったが、09年3月期には373億円まで落ち込んだ。主力製品のタンパク分解酵素阻害剤「フサン」が後発品

有料会員限定

会員登録(有料)
この記事をお読みいただくためには、会員登録(有料)が必要です。
新規会員登録とマイページ > 購読情報から購入手続きをお願いいたします。
※IDをお持ちの方はログインからお進みください

【会員登録方法】
会員登録をクリックしていただくと、新規会員仮登録メール送信画面に移動します。
メールアドレスを入力して会員登録をお願い致します。
1ユーザーごとの登録をお願い致します。(1ユーザー1アカウントです)