医薬経済オンライン

医療・医薬業界をさまざまな視点・論点から示すメディア

そこが知りたい はい、いでがわですが

津波対策の先覚者−医師・木川田典彌の足跡

第3回 歴史から学び、備えを怠らない

ジャーナリスト 出河雅彦

2021年6月15日号

 岩手県大船渡市の医療法人勝久会理事長だった木川田典彌氏(今年2月に84歳で死去)は、東日本大震災が起きた2011年3月11日金曜日の午後、東京に滞在していた。翌朝から行われる産業医研修会に出席するため、昼頃上京し、代表理事を務めていた公益社団法人日本認知症グループホーム協会の本部(新宿区)にいたのである...  岩手県大船渡市の医療法人勝久会理事長だった木川田典彌氏(今年2月に84歳で死去)は、東日本大震災が起きた2011年3月11日金曜日の午後、東京に滞在していた。翌朝から行われる産業医研修会に出席するため、昼頃上京し、代表理事を務めていた公益社団法人日本認知症グループホーム協会の本部(新宿区)にいたのである。

有料会員限定

会員登録(有料)
この記事をお読みいただくためには、会員登録(有料)が必要です。
新規会員登録とマイページ > 購読情報から購入手続きをお願いいたします。
※IDをお持ちの方はログインからお進みください

【会員登録方法】
会員登録をクリックしていただくと、新規会員仮登録メール送信画面に移動します。
メールアドレスを入力して会員登録をお願い致します。
1ユーザーごとの登録をお願い致します。(1ユーザー1アカウントです)