医薬経済オンライン

医療・医薬業界をさまざまな視点・論点から示すメディア

武田の未来図に透ける「東芝化」の悪夢

借金で首回らず、コア事業は満身創痍

2021年9月15日号

 8月3日、武田薬品の研究開発のトップを11年から15年まで務めたタチ・ヤマダこと山田忠孝氏が米国の自宅で息を引き取った。76歳というやや早い旅立ちだった。  永年、米国の大学で医学教育に携わり、英グラクソ・スミスクライン取締役やビル&メリンダ・ゲイツ財団の世界衛生部門総裁などを...  8月3日、武田薬品の研究開発のトップを11年から15年まで務めたタチ・ヤマダこと山田忠孝氏が米国の自宅で息を引き取った。76歳というやや早い旅立ちだった。  永年、米国の大学で医学教育に携わり、英グラクソ・スミスクライン取締役やビル&メリンダ・ゲイツ財団の世界衛生部門総裁などを務め

有料会員限定

会員登録(有料)
この記事をお読みいただくためには、会員登録(有料)が必要です。
新規会員登録とマイページ > 購読情報から購入手続きをお願いいたします。
※IDをお持ちの方はログインからお進みください

【会員登録方法】
会員登録をクリックしていただくと、新規会員仮登録メール送信画面に移動します。
メールアドレスを入力して会員登録をお願い致します。
1ユーザーごとの登録をお願い致します。(1ユーザー1アカウントです)