医薬経済オンライン

医療・医薬業界をさまざまな視点・論点から示すメディア

業界展望

小石川から「世界のエーザイ」へ生みの苦しみ

第4回 アデュカヌマブと後続新薬、後継者の行方

クレディ・スイス証券株式会社株式調査部ディレクター 酒井文義

2021年10月1日号

 過去1年間の医薬品に関する英文の情報媒体で最も多く登場した日本の企業名はエーザイだろう。言うまでもなく米国でアルツハイマー型認知症(AD)治療薬「アデュカヌマブ」(米国製品名「アデュヘルム」)の承認の可否が大変な議論となったためだ。21年6月8日に米国食品医薬品局(FDA)がアデュカヌマブを迅速承認した...  過去1年間の医薬品に関する英文の情報媒体で最も多く登場した日本の企業名はエーザイだろう。言うまでもなく米国でアルツハイマー型認知症(AD)治療薬「アデュカヌマブ」(米国製品名「アデュヘルム」)の承認の可否が大変な議論となったためだ。21年6月8日に米国食品医薬品局(FDA)がアデュカヌマブを迅速承認したこと

有料会員限定

会員登録(有料)
この記事をお読みいただくためには、会員登録(有料)が必要です。
新規会員登録とマイページ > 購読情報から購入手続きをお願いいたします。
※IDをお持ちの方はログインからお進みください

【会員登録方法】
会員登録をクリックしていただくと、新規会員仮登録メール送信画面に移動します。
メールアドレスを入力して会員登録をお願い致します。
1ユーザーごとの登録をお願い致します。(1ユーザー1アカウントです)