医薬経済オンライン

医療・医薬業界をさまざまな視点・論点から示すメディア

変革期迎えた中国医薬品業界

抗がん剤の使用規制

全土に波及するか懸念膨らむ

シード・プランニング 沈友敏

2021年10月15日号

 21年上半期、中国では革新的新薬42製品が承認された。そのうちの12製品は抗がん剤だ。近年、優先承認審査制度の恩恵を受けて、多くの革新的な抗がん剤が承認されている。また、価格交渉を通じて高額な抗がん剤も医療保険医薬品リストに収載されるようになった。製薬企業には、ありがたい話に違いない。だが、現実は厳...  21年上半期、中国では革新的新薬42製品が承認された。そのうちの12製品は抗がん剤だ。近年、優先承認審査制度の恩恵を受けて、多くの革新的な抗がん剤が承認されている。また、価格交渉を通じて高額な抗がん剤も医療保険医薬品リストに収載されるようになった。製薬企業には、ありがたい話に違いない。だが、現実は厳しい

有料会員限定

会員登録(有料)
この記事をお読みいただくためには、会員登録(有料)が必要です。
新規会員登録とマイページ > 購読情報から購入手続きをお願いいたします。
※IDをお持ちの方はログインからお進みください

【会員登録方法】
会員登録をクリックしていただくと、新規会員仮登録メール送信画面に移動します。
メールアドレスを入力して会員登録をお願い致します。
1ユーザーごとの登録をお願い致します。(1ユーザー1アカウントです)