医薬経済オンライン

医療・医薬業界をさまざまな視点・論点から示すメディア

薬価「さざ波改定」で安堵していいのか

調整幅は持ち越し、新薬創出加算には盲点

2022年1月15日号

 22年度の薬価制度改革は、大方の予想どおり「小粒な内容」となった。表のボリュームだけ見れば、それなりの項目数に上るが、ルール上の不整合の修正など細かな見直しも含まれる。全体として改革論議は過熱することなく、21年12月に制度改革の骨子がまとまった。  16年12月のいわゆる「4大臣...  22年度の薬価制度改革は、大方の予想どおり「小粒な内容」となった。表のボリュームだけ見れば、それなりの項目数に上るが、ルール上の不整合の修正など細かな見直しも含まれる。全体として改革論議は過熱することなく、21年12月に制度改革の骨子がまとまった。  16年12月のいわゆる「4大臣合

有料会員限定

会員登録(有料)
この記事をお読みいただくためには、会員登録(有料)が必要です。
新規会員登録とマイページ > 購読情報から購入手続きをお願いいたします。
※IDをお持ちの方はログインからお進みください

【会員登録方法】
会員登録をクリックしていただくと、新規会員仮登録メール送信画面に移動します。
メールアドレスを入力して会員登録をお願い致します。
1ユーザーごとの登録をお願い致します。(1ユーザー1アカウントです)