医薬経済オンライン

医療・医薬業界をさまざまな視点・論点から示すメディア

コロナ禍3年で噛み締める「日の丸ドラッグ」の幻想

語るに落ちた「21世紀のリーディング産業」論

2022年4月1日号

 3月末で国内臨床試験を事実上終了した富士フイルム富山化学の抗インフルエンザ薬「アビガン」をめぐる大手メディアの報道は、従来の新型コロナウイルスと比べて重症化率が低いオミクロン株の拡大で、有効性の検証が困難になったとする富士フイルムホールディングの発表を、ほぼそのまま流すものだった。ワクチンの開発...  3月末で国内臨床試験を事実上終了した富士フイルム富山化学の抗インフルエンザ薬「アビガン」をめぐる大手メディアの報道は、従来の新型コロナウイルスと比べて重症化率が低いオミクロン株の拡大で、有効性の検証が困難になったとする富士フイルムホールディングの発表を、ほぼそのまま流すものだった。ワクチンの開発と

有料会員限定

会員登録(有料)
この記事をお読みいただくためには、会員登録(有料)が必要です。
新規会員登録とマイページ > 購読情報から購入手続きをお願いいたします。
※IDをお持ちの方はログインからお進みください

【会員登録方法】
会員登録をクリックしていただくと、新規会員仮登録メール送信画面に移動します。
メールアドレスを入力して会員登録をお願い致します。
1ユーザーごとの登録をお願い致します。(1ユーザー1アカウントです)