医薬経済オンライン

医療・医薬業界をさまざまな視点・論点から示すメディア

上昌広の日本医療の診立て

新型コロナ禍の製薬マネーに変化

第19回 奨学寄附金と講師謝金・原稿執筆料の増減と傾向

医療ガバナンス研究所理事長

2022年4月1日号

 製薬マネーのあり方について、社会の関心が高まっている。医療ガバナンス研究所は、16年度からワセダクロニクル(現Tansa)と共同で、「製薬マネーデータベース」を作成し、公開してきた。最近、20年度のデータが出揃った。新型コロナウイルスの流行で、製薬マネーはどう変化しただろう。本稿でご紹介し...  製薬マネーのあり方について、社会の関心が高まっている。医療ガバナンス研究所は、16年度からワセダクロニクル(現Tansa)と共同で、「製薬マネーデータベース」を作成し、公開してきた。最近、20年度のデータが出揃った。新型コロナウイルスの流行で、製薬マネーはどう変化しただろう。本稿でご紹介しよう

有料会員限定

会員登録(有料)
この記事をお読みいただくためには、会員登録(有料)が必要です。
新規会員登録とマイページ > 購読情報から購入手続きをお願いいたします。
※IDをお持ちの方はログインからお進みください

【会員登録方法】
会員登録をクリックしていただくと、新規会員仮登録メール送信画面に移動します。
メールアドレスを入力して会員登録をお願い致します。
1ユーザーごとの登録をお願い致します。(1ユーザー1アカウントです)