医薬経済オンライン

医療・医薬業界をさまざまな視点・論点から示すメディア

平時医療体制の破綻に備える〜電光石火こそ最良の有事医療〜

国連旗から読み解く国際情勢

第146回

琉球大学医学部非常勤講師  照井資規

2022年4月15日号

 半径1キロの範囲だけを破壊する中性子爆弾は「戦術核兵器」として使える大量破壊兵器となった。これはロシアによるウクライナ軍事侵攻で、キーウ(キエフ)攻略の決め手になり得る。  図1にあるように、キーウの地下鉄は米ソ冷戦時代に核戦争に備えて建造されたものだ。破壊力のある水素爆弾を用いても内...  半径1キロの範囲だけを破壊する中性子爆弾は「戦術核兵器」として使える大量破壊兵器となった。これはロシアによるウクライナ軍事侵攻で、キーウ(キエフ)攻略の決め手になり得る。  図1にあるように、キーウの地下鉄は米ソ冷戦時代に核戦争に備えて建造されたものだ。破壊力のある水素爆弾を用いても内部

有料会員限定

会員登録(有料)
この記事をお読みいただくためには、会員登録(有料)が必要です。
新規会員登録とマイページ > 購読情報から購入手続きをお願いいたします。
※IDをお持ちの方はログインからお進みください

【会員登録方法】
会員登録をクリックしていただくと、新規会員仮登録メール送信画面に移動します。
メールアドレスを入力して会員登録をお願い致します。
1ユーザーごとの登録をお願い致します。(1ユーザー1アカウントです)